もみじの太枝の剪定する方法

もみじの手入れは大変ですよね。

日本人としては、「赤や黄色に移り変わる姿を楽しみたい!」

とは思うものの、太い枝を切るのはとっても大変です

庭をはみ出してお隣さんの家に出てしまってはとても大変。

そうでなくとも、すっきりとした形に仕上げておきたいですよね。

狭いスペースであっても、適度に剪定ができる方法を、

今回はお伝えしたいと思います

もみじの剪定は必ず必要

もみじはとても繊細な植物です。

枝を切ると次々にわき芽が生えてきます。

そのまま放っておくと、多くの枝がお互いに重なり合って、

日光が、葉全体に当たらなくなってしまいます。

ひどい時には枯れて木が死んでしまうこともあります。

それに、観賞用としてのもみじは形を整えておきたいもの。

剪定はしてもしなくてもいいのではなく、

正しい知識で剪定しなければいけないのです。

春から夏にかけての剪定方法

剪定が必要になるのは真夏に入る前、ちょうど梅雨が終わる頃です。

この時期は剪定時期に最適です。

もみじを立派に育てるために、風通しをよくしてあげて、

葉全体に日光が当たることが目的になっていきます。

ただ真夏に入ると、剪定されたもみじはとても弱ってしまいます。

真夏の時期にたくさんの枝を剪定することは避けたいですね。

ちょうど、髪の毛をすきバサミで水であげるようなイメージで剪定をしてあげましょう。

真夏に剪定をしてはいけない理由

暑い時期は夏になると樹木はとてもたくさんの水を含んでいます。

水分を多く含んだ木の枝を切ると、人間の傷口と同じように切ったところから水分が滲んで出てきます

そうなると傷口が固まらず、もみじが弱ってしまいます。

なので、夏の時期は太い枝を切ることはせず、

木全体の形からはみ出た枝を

ちょこちょこと、切ってあげるようにしましょう

秋から冬にかけての剪定方法

この時期は思い切って太い枝を切り落としてしまって構いません

整えたい木の形をイメージしながら、

太い枝を思い切って切り落としてあげてください

夏前に切ったような、細やかな枝を切っても構いません。

全体の形をイメージしながら、もみじの形を整えてあげてください

どうして秋・冬に大きな枝を切るのか

この時期、木は冬眠のようなものに入ります。一般的には休眠期と呼ばれています。

この時期は木の中の活動が活発ではなくなるため、

大きな木を切っても傷がいたみにくくなっています。

また夏前と違い、水分を多く含むことないため、

すぐに切り口が固まることも期待ができます

木を傷めないのであれば、秋口から冬にかけてのこの時期に

大きな枝を切ってあげた方が良いでしょう。

盆栽のもみじの剪定方法

まず一番気にすることは、樹木としてのもみじではないため、選定した後は病気や虫が付くのを防ぐために薬剤を使ってあげてください 。

薬剤を用意してから剪定を始めます。

あなたが思い描いた形に形を整えていくのが盆栽の醍醐味。

あなたのイメージに不要な枝は、思い切って切り落としても構いません。

形を整えるのであれば、上に書いたように

秋から冬にかけて大きな枝を切ります。

また、細やかな枝を切るのは夏前が良いとされています

特に形を気にするもみじであれば、徒長枝は根元から切り落としてください

形を整えるために

下に伸びる枝

内側に伸びている枝

上に突き出した枝

を切り落としてください

他の枝と交差する枝も、盆栽を不格好に見せてしまいます。

どちらか一方を切ってあげましょう。

三つ以上に分かれていて、不格好な枝は

横に広げてあげるように、真ん中にある枝を落としてあげると綺麗になります

形を整えてあげればあなたの思い通りもみじに

秋といえば「もみじ」ですし、「もみじ」を見れば秋を思い浮かべます。

日本人の心には「もみじ」を愛でる心があるということでしょう。

広い庭があれば剪定をせずに、自然なもみじの樹木を楽しむ

ということも考えられますが、

一軒家の庭だったり盆栽であればどうしても手入れが必要になってきますね。

もみじを剪定するタイミングやコツをきちんと押さえて、

あなたのお気に召す形にモミジを整えてあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました